スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFTCG(Opus)は負けると悔しい

2017-01-25

Tag :

たいへんお久しぶりです。

もはやcrossと名乗ることをやめ、まじると言い始めてから何年経ちましょうか。そんなに経ってないですね。



タイトルをご覧になれば分かるかとは思いますが、昨年12月に復活した新生FFTCGの話です。
なぜ急にブログを更新してこんな記事なのかというと、先日あった仙台の権利戦の後で「人は増えたけど新規に厳しい」という会話があったからです。
確かに!何はともあれ情報が少ない。今「FFTCG」と検索しても大半の個人ブログは旧FFTCG、いわゆる「チャプター時代」のものばかりなのではないでしょうか。調べてないので分かりませんが。
他のTCG、例えばMTGやウィクロスはたくさん個人ブログがあるので、逆に情報過多ってイメージはありますけどね。

ウィクロスといえばウィクロスガールズを我が物顔で従える界隈の大御所ことmasterくんがウィクロス勢にFFTCGを布教してくれているらしくて、すごく嬉しいのですが(あと羨ましい)、結局新規の方ってこういう方が多くて、ちゃんとコーチ役がいらっしゃるんですよね。

シンプルなルール内ですごく難しいやりとりがあるので、デッキリストだけ見せられたところで動かし方なんか全然分からないのです。



なので少しばかりの新規に対する実力の伴わない心遣いと、ちょっとだけちやほやされたい気持ちと、将来のまじるガールズに向けてのアピールを兼ねてブログを更新する次第です。

過去の更新を鑑みるに絶対長続きしません。短い間ですが僕の記事を見て1人でもFFTCGを始める、続けてくださる方がいると信じて…。
そして未来のまじるガールズの皆様、どうぞよろしくお願いします。









長い前置きでしたが、今日は自分が使ったデッキについて語ります。
今回の仙台大会では氷雷というデッキタイプを選択しましたが、その理由は簡単、それしか手元になかったからです。
友人に声をかければ他の色も組めたかとは思いますが、練習量が足りないことと手に馴染まないデッキを使って負けるのは嫌だったのです。

そんなこんなでデッキの色が決まったのですが、手元にある50枚の束は発売3週間くらいから全く弄ってない代物…そもそもコレ戦えるのか?

一緒に仙台に行くnovelくんに前日ながら調整を協力してもらいました。
調整前
調整後
FFTCGに限らず他のTCGをやったことのある方はメタがあることをよく理解されていることかと思います。
シャドバで言うと「最近よくエルフと当たるからエンジェルバレッジ入れとこ」あれです。
今回は東京大会で優秀な結果を残したゴルベーザをトップメタに「安直にゴル兄を選択したデッキには負けたくない!」が根底にありましたので、魔人ザルバックスコールなどはキープしたまま、それに合わせて追い焼きをテーマにカードを取捨選択していきました。

ギルガメッシュは優秀なアタッカーでしたが音楽性の違いにより脱退、代わりにティナを迎えてより華やかさを重視しました。
1cシヴァは方向性としてはgoodでしたが純粋にカードパワーが足りず、振り回される結果になりましたのでこの後抜きました。それに合わせてスノウも抜いてます。

メタはゴル兄と言いましたが、もう一つ優秀な成績を残しつつある「火絡み」のデッキを警戒していました。今回の火といえば1回ないし2回は必ずバハムートを撃つ、という印象がありましたので、魔界幻士を採用しました。
初めは軽い冗談のつもりでしたが、手札1枚持ってるだけで相手が警戒してくれるのでえらい効果的でした。特に火氷はバックを割る手段がないので勝ち手段を1つ潰せるのが大きかったです(結果的に火氷と当たりましたが、プレイヤースキルの差で負けました)。


この時点でゴルベーザには比較的有利、4c8000連打デッキに対しても手数で攻められる、火氷には五分~弱不利、火土にはヘカトンとブレイブが2体いるのでちょっと厳しめ、ミンウには土下座という構図が出来上がりました。ちょっと苦手が多い?




ここから更に調整に入ります。



確かこのレシピで大会に出てます。
要らないスペルを極力排除、その全てをフォワードにまわしました。
1弾は終盤のバック2枚引きがそのまま死に繋がるので、それを避けるための配分にしました。

と、ここで時間切れ。ここから更に調整の余地はありました。
例えばシドレインズの3枚目をラグナの2枚目に変えるとか…。
時間があればミンウに対しても対策したかったのですが、練習時間が圧倒的に足りないデッキになりそうでやめました。


そんな感じで初めての夜行バスに揺られながら行った仙台ではなんとか権利をいただきまして、ひと段落。
今回抜群に練習量が足りなかったので東京ではしっかり積んで臨みたいです。







今回はこんな感じでデッキの取捨選択の様子を交えてみました。
だってデッキリスト見せられただけじゃ分からないでしょ?ぶっちゃけ俺は分からん。
試しに仙台大会の上から3番目に公開されるであろうMK.2さんのデッキをご覧ください。初見だとデッキの戦い方、分かる方も少ないと思います(方向性はすごく分かり易いデッキなので、そのギャップがまた魅力的で素晴らしいデッキです。僕も試させていただくと思います)。




デッキリストを見せられたり既に完成したデッキの解説を見るよりも、多少なりとも分かりやすかったでしょうか。だと嬉しいのですが…。
FFTCGは本当に面白いゲームなので、是非ともやってみてください。
そして新規の方、FFTCGユーザーは他のTCG勢に比べても異常な程(本当におかしい。七不思議の一つになれる)フランクでオープンなグループが多いです。分からないことがあれば是非たくさん質問してください。ウザいしつこいだなんてとんでもない、FFTCGユーザーはいつでもあなたをお待ちしております。


そして未来のまじるガールズの皆様、改めてどうぞよろしくお願いします。











































おーわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cross

Author:cross
cross/まじるです。
呼びはお好きな方でどうぞ。
駆け出し新米イラストレーター(自称)です。

絵のお仕事の依頼は同人商業問わず随時募集しております。
内容や原稿料、締切等を記載の上、下記アドレスまでご連絡下さい。
《gomennnasai.mousimasen
(a)gmail.com》

twitter
pixiv

リンク

最新記事

最新コメント

Pixiv

Twitter

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。